HOME  > 不動産投資コラム

PHP研究所出版 「THE21」 ビジネス雑誌 日本ホールディングス株式会社【全12回連載企画】

PHP研究所出版 「THE21」 ビジネス雑誌  【全12回連載企画】 2019年4月号よりスタート

the21連載企画第12回 日本文化に投資するという発想の
不動産投資がこれからのトレンドに
the21連載企画第11回 維持費を圧縮し品質向上に充てる
ワンストップサービスに注目せよ
the21連載企画第10回 不動産投資の付加価値として
オーナーズルームを活用する
the21連載企画第9回 観光都市としてのさらなる飛躍が
京都のブランド力を裏打ちする
the21連載企画第8回 長期保有が前提の不動産投資は
値崩れ材料がない物件探しが必至
the21連載企画第7回 実際の物件から見えてくる
京都の不動産が魅力的な理由
the21連載企画第6回 定年が見えていても挑戦できる
頭金なし、ローンで不動産投資
the21連載企画第5回 退職金を持ち家の確保に使い、
京都の不動産で老後資金を作る
the21連載企画第4回 京都の不動産は出たときが買いどき
30~35年ローンで返済する
the21連載企画第3回 京都の不動産の強みはブランド力。
その保有物件はステイタスになる
the21連載企画第2回 京都の空き物件不足の原因は、
全国でも類を見ない地方出身大学生数
the21連載企画第1回 京都に空き物件が出るのを待つ人々が世界中にいる?!

◆不動産投資コラム|一覧

更新日 2017年6月4日     

コラム画像

女性こそマンション投資が必要な理由      
まだまだ低い女性の給与 女性の社会進出が進み、正規雇用で働く女性が増えましたが、給与
実態は男女で大きく差があります。下図は男女の年齢別年間収入と勤続年数別年収を表したもの
です。年齢別の年収ではどの年代でもはっきりと女性のほうが男性よりも低いことがわかりま
す。さらに40代〜50代では400万円以上の差が生まれています。
⇒続きを読む

clear

コラム画像

サブリース契約に家賃減額リスクの説明義務化
不動産投資を始める前に、知っておきたい賃貸経営の考え方
      
サブリース(家賃保証)とは、賃貸物件を業者が借り上げ、家賃を一定期間保証する制度です。
「35年一括借り上げ」「安定収入を保証」などのテレビコマーシャルや、新聞広告を見たこと
がある方も多いのでは。 今回は、そのサブリース契約の現状での問題点と制度改正、今後取る
べき考え方をお伝えします。
⇒続きを読む

clear

コラム画像

英EU離脱で波乱の金融市場と不動産投資      
2016年6月24日、イギリスのEU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票が開票さ
れました。 離脱派が勝利したことを受け、世界の金融市場では混乱が続いています。 今回は、
波乱が続く金融市場と不動産投資の安定性についてお伝えします。
⇒続きを読む

clear

コラム画像

利回りだけで判断してしてはいけない3つの理由      
利回りの計算方法は? 不動産投資をお考えの方にとって利回りの計算は基本中の基本とも言
える有名な指標です。様々な物件情報にも、利回りが記載されていますし、もしも記載されてい
なければ計算機で簡単に計算することができます。※収入・価格の言葉の定義はさまざまです。
例えば、物件情報に「ネット(実質)利回り」とあっても、何を経費と
⇒続きを読む

clear

コラム画像

ご存知ですか?
明治時代に発行された「100年定期預金」の今
      
「100年定期預金」とは?(新報道2001(2月21日放送)からの引用)長野県・茅野市役所の会計課に、お金の価値を物語る、世にも珍しい一枚が、70年間大事に保管されていました。それは、通称「100年定期預金」の証書です。明治33年、「100年定期預金」は、「1円」の価格で発行されました。満期を迎え
⇒続きを読む

clear

コラム画像

平成28年度税制改正で注目すべき5つのポイント
平成28年税制はこう変わる
      
そもそもなぜ税制改正大綱が注目されるのか? 昨年(平成27年)12月に税制改正大綱が閣議
決定されました。この税制改正大綱は、与党(現在では自民党及び公明党)が有識者による提言
(税制調査会)を参考に閣議で決定されます。そして税制改正大綱をもとに、翌年の通常国会
(1月から150日間の会期)で、内閣が税制改正法案を提出し審議・可決されます。
⇒続きを読む

clear

コラム画像

「マンション節税」の節税スピードが変わる!?
平成28年度税制改正 減価償却制度見直しの影響を考察
      
平成28 年度税制改正大綱では、建物附属設備及び構築物の償却方法について、定率法を廃止し、定額法に一本化することが盛り込まれてます。そのことで、マンション投資がどう変わるのか。マンション投資における影響を解説します。 減価償却方法について、定率法廃止案が浮上 自民党および公明党がまとめた平成28 年度税制改正大綱(平成27年12月16日発表)では、
⇒続きを読む

clear

コラム画像

団信で生命保険を見なおす!
団信を活用して重大な家計リスクに備えよう
      
意外に知られていない団信のメリット。団信を使って家族を守る優れた仕組みと特徴を解説します。団体信用生命保険とは?住宅ローンを借り入れる際に、団体信用生命保険に加入することがほとんどです。これは借入れの条件(融資要件)となっているからで、この生命保険に加入できないと住宅ローンを借りることができません。この保険は債務者が死亡又は高度障害状態に
⇒続きを読む

clear

コラム画像

【本当に節税できるの?】
効果的な節税ができる人、できない人。
      
給料が上がっても、手取りが増えないのは所得税が累進課税となっているから。マンション投資で節税ができると謳われていますが、実際に節税になるのでしょうか?今回は、効果的に節税を実現できる条件と、節税額の目安についてご紹介します。 累進課税のマジック お給料が上がっても手取りが増えないと思った経験が誰にでもあるのではないでしょうか?ご存知の通り
⇒続きを読む

clear

コラム画像

【資料ダウンロードあり】マンション投資と税金
経費にできるもの、できないものを知らなかった大家さん
      
75歳のある大家さん 私の知り合い大家さんが、こんなことを言っていました。 「税金ばっかり払ってるんよ。何かあれば税金税金って。」 その方は、8件のテナントを経営しています。そこで、確定申告書を見せてもらいました。 年間600万円収入、申告納税額(所得税)は、 2014年「408,000円」 2013年「376,600円」 2012年「389,000円」 更に、2015年の住民税は
⇒続きを読む

clear

clear

clear

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 後へ

全2ページ