HOME  > マンション投資セミナー開催予定・実績一覧  >  朝日不動産投資DAY イベントレポート

朝日不動産投資DAY  イベントレポート

開催概要

日 時 2021年11月 6日(金)10:00~16:00
場 所 ベルサール飯田橋ファースト(東京都文京区後楽2-6-1 住友不動産飯田橋ファーストタワーB1)
主 催 朝日新聞社メディアビジネス局

会場の様子

長寿番組でおなじみの豪華ゲストが講演!総勢223名が来場。

当イベントは資産形成の手段として不動産投資の理解を深めるための、1日で学べるリアルセミナーをテーマに開催されました。講演会場では、長寿番組「笑点」の座布団運びとしてもおなじみの落語家 山田たかお氏や、タレント・評論家として活躍の 杉村太蔵氏によるゲスト講演、また不動産業界のトップランナーによる最新の不動産投資の解説が行われました。午前の部170名、午後の部181名の総勢223名の方にご来場いただき、講演中には多くのお客様が熱心にメモを取っていらっしゃいました。

会場の様子

講演(プレゼンテーション)

サステナビリティ時代の投資戦略 ~なぜ、富裕層は京都で投資用マンションを買うのか~

弊社の講演では、代表の八尾 浩之が講演を行い、約170名のお客様にご来場いただきました。
講演では、はじめに当社が分譲している「ベラジオシリーズ」を、京都市内の地図と共にご紹介しました。その後、「なぜ、富裕層は京都に投資用マンションを買うのか」を、「京都の景観条例」「希少性」「住みたい街としての人気」の3つのポイントで解説いたしました。
後半は「サステナビリティ時代のマンション投資」と題し、昨今の気候変動や新型コロナの影響で注目されているSDGsの潮流、投資分野においても「責任投資原則」を発展させたESG投資への関心が高まっている現状をご報告しました。
なぜ企業がSDGsの取り組みに積極的なのか、持続可能性を高めることが企業にとってどういった価値を生むのか、解説し、個人の不動産投資においても「社会性」(社会貢献・社会持続性)を考慮した投資判断がマンション投資の成功を左右する、という当社の見解をご紹介しました。
時間が足りず駆け足でのご説明となってしまい、ご参加の皆様にはお詫び申し上げます。講演の内容について、ご質問等がおありの方は弊社までお問い合わせください。

代表取締役 八尾 浩之 代表取締役 八尾 浩之

講演資料

会場でお配りした講演資料がご覧いただけます。
内容:学生数と比率の推移、新景観条例の建築規制の例、その他注目のエリアなど

講演資料ダウンロードはこちら
期間:2021年11月20日~2021年12月20日

講演会場の様子

展示ブース

展示ブースには約120名の方に来場いただきました!

当社ブースに約120名の方にお立ち寄り頂き、京都土産の「西尾 なま八ッ橋」をプレゼントいたしました。ご来場いただいた方から、情報収集や投資の判断材料にと京都の不動産事情についてご質問やご意見を頂きました。ご来場のお客様には誠に感謝申し上げます。

当日の展示ブースの様子

来場者の方に聞きました。〔アンケート集計結果〕

来場者の性別・年齢

現在ある悩みの中で、当てはまるものがあれば教えて下さい。

clear

今回のアンケート回答状況では40代以上を中心に男性73.2%、女性が26.8%の方々にご来場いただきました。資産運用・投資にご関心を持たれた動機についての質問には「老後の生活資金のため」に58票、「投資を通じて勉強するため」に35票、「家族や子供に資産を残すため」に18票が集まりました。
多くの方が老後の生活に不安を抱えていることや、投資に対して意欲の高さがうかがえます。アンケートにご協力いただいた皆さまには深く御礼申し上げます。